神経痛
スポンサードリンク

2007年05月15日

神経痛とは?

神経痛は痛みを伴う病気のことを言います。
この痛みには「痛さ」「冷たさ」「熱さ」といった感覚を伝える末梢神経になんらかのショックが与えられ発症します。
神経痛ははるか昔から「痛む」病気として代表的なものですが、痛みがあれば全部が神経痛というわけではありませんので注意が必要です。
神経痛として診断される定義が医学的には下記の通り。
◆痛みが発症する部分が1本の末梢神経の支配しているテリトリーに集中して起こる

◆痛みが鋭く、激しく、突発的に起こり、継続時間が数秒から数分という短い時間であり、それが繰り返される

◆痛みがない場合でも痛みを伴う末梢神経の走行している部分を指で押さえると痛みが出る

◆痛みが発症していないときに痛みを生じる皮膚や粘膜を指で押さえると痛みの発作が起きる

◆ある決まった姿勢を取ったり、咳やクシャミといった急な動作で痛みが起きる

神経痛の分類について神経痛には、神経痛の原因がはっかりとわかっている症候性(続発性)神経痛と、原因がよくわからない特発性(原発性/真性)神経痛の2つに分類されます。
神経痛を分類している理由に原因がはっきりしている場合は適切な治療が行えますが、神経痛の原因がよくわからない場合、痛みそのものに対する治療となるため、治療方法の観点から神経痛はこのように分類されています。
症候性(続発性)神経痛 診察及び検査から末梢神経を刺激し痛みを発症させている骨の変形、神経まわりの炎症、腫瘍などの病気の原因が見られる場合を言います。
自覚症状が難しいですが、検査により刺激を与えてやるとさまざまな運動障害や知覚障害を見ることが出来ます。
特発性(原発性/真性)神経痛 検査を行っても原因のわからない神経痛のことを言います。
しかし、検査の内容によっては原因がわかることも多くなっています。
現在、原因がまったくわからない神経痛は三叉神経痛と舌咽神経痛の一部となっています。
それではなぜ中年太りをするのでしょうか?
それは消費エネルギーよりも摂取するエネルギーの量が多いことが原因だと考えられます。
また一日の食事の回数が少ないと中年太りしやすいといわれています。
なるべくは食事を抜かずにバランス良く三食食べるようにすることが中年太り解消のコツだと考えますが、なにより一番大事なことは適度な運動です。
運動不足になると消費するエネルギーが少なくなり、エネルギーが、体の中に貯蓄しやすい状態になってしまいます。

posted by 神経痛 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3994713

この記事へのトラックバック